週刊カイロプラクティックニュース
 

00
→ 
→ 

ホルモンバランス異常による頭痛、めまい、耳鳴り
27歳 女性
数年前に仕事を始めてから、肩こりから始まり、頭痛〜目の奥の痛み、その後はめまいや耳鳴りが出始めた。その後、病院で検査の結果「ホルモンバランス異常」と診断される。
検査時、肩こりがひどく、頭痛を訴えていた。姿勢をチェックすると、猫背が強く、反り腰の典型的な腰部過剰前弯・胸部過剰後弯・ストレートネックになっていた。その為、後頭部にかなりの力学的負担をかけていた。
治療は、初期にストレートネックを取り除き、肩こりや頭痛の症状をとることから始めた。その後、徐々に姿勢全体の改善を図り、全身の血流をよくすことに努めた。治療4回目からは体調も改善し、症状もなくなってきました。体調の良化に伴いホルモンバランス異常に関しては、担当医に診ていただいたところ、体温も正常なので薬を中断して良いとの事。現在の状態を更に安定させるためにメンテナンス継続中。
【 特集 】 ストレートネック
週刊カイロプラクティックニュース