週刊カイロプラクティックニュース
 

00
→ 
→ 

ストレートネックからくる首から腕にかけての痛みとしびれ
40歳 男性 会社員
朝起きたときから首の痛みを感じ始め、その2日後くらいして右の肩から腕にか けて、強い痛みとしびれが出現。痛みのために夜もほとんど眠れず仕事も手に付かない状態となった。
受診した整形外科では、ストレートネックが原因の寝違いと言われ、痛み止めの注射や低周波治療などを受けたが、3週間ほど経過しても全く痛みが引かないため、当クリニックを訪れた。
検査では、首から背中にかけての強い後弯、いわゆる首猫背が顕著に認められた。さらに、その後わん部分が右側に凸の側わんを形成していた。(パソコンによる不良姿勢で典型的に見られるタイプの歪み方であり、本人も一日中仕事でパソコンを使用していた)
そのため、首から腕に向かう右側の神経に強いテンションが加わり、痛みとしびれを生じさせていると考えられた。
治療では、患部周辺の椎間板の圧迫を軽減させながら、徐々に頚椎から胸椎(首から背中)の歪んだカーブを整えていった。2週間ほどで腕の痛みとしびれはほぼ消失し、3週間後には日常生活に全く支障を感じない程度まで改善した。現在、予防のため、体全体のバランス改善を目的として治療を継続中である。
【 特集 】 ストレートネック
週刊カイロプラクティックニュース